手間がかかるからなのかと思う

ツクシがたくさん生えているのが目に付きました。
ひょろひょろと背が高くなっているものから、まだ固くて背も低いものなどたくさんあります。

以前、私がまだ小さいころなんかは近所の人や子供達のなかでもツクシを摘む人が結構いたんですが今はそういうこともないんでしょう。

そういう私自身も、摘むのは好きでしたが食べるとなるとちょっと苦手でした。
好きな人は好きというもののようで、卵とじにして食べるのが毎年楽しみという人もいました。

下準備が大変だから用意するお母さんも手間がかかるのだと思います。
ツクシだけはデパ地下なんかでも見かけないですよね。

その他のヨモギとかタラの芽なんかは野菜として売られていたりしますから、もともとそれほど人気もないのでしょう。

自分は食べないけれど、食べられることを知っているからちょっと誰も見向きもしないのは勿体無いなとも思います。