散らからないコツを知っているけど

部屋が散らからないコツは、物を使ったら「後でまた使うから」などと言い訳せずにきちんともとの場所に戻すこと、ということはよく言われていました。
テレビのリモコンとかハンドクリーム、読みかけの新聞や本、作業途中の趣味の小物や脱いだ衣類なんかが対象です。
使ったらきちんと決めた収納場所に戻す・マガジンラックや本棚に戻す・箱やカゴを用意してそこに入れる・ハンガーにかけてクローゼットにしまえばいいのです。

実際にやってみると数秒でできることなのですが、「メンドクサイ」と思ってしまうといろんなところに置いたままになっているものがあふれてしまうのだと思います。
小さいころから足元に物を置いてはいけない、と言われていましたからかろうじてそれだけはやっていません。

それでもなんとなく雑然とした部屋を見ると、「コツを知ってるだけではダメだな。」と思うのです。